睡眠薬の選び方

睡眠薬で有名なものは?

眠れない女性

現在ではさまざまな睡眠薬が処方されていますが、その中でも有名なものとなるとかなり限られてきます。
では最も有名な睡眠薬は何かということで挙げるのであれば、これはやはりハルシオンというものになるでしょう。
ハルシオンはベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬の中では効き目が強く、翌日まで効果が残りづらいということで有名になりました。
ただ副作用として独特の酩酊感があり、この酩酊感を求めてハルシオンを服用する人が出るというような問題もあります。
この問題についてもハルシオンを有名な睡眠薬にしている理由の一つでしょう。
次に有名なものを挙げるとすれば、出てくるのがマイスリーやデパスと言ったような薬です。
まずマイスリーは2000年から処方されるようになった比較的新しい、非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプの睡眠薬です。
服薬してから1時間以内に効果が出て、かつ副作用も軽いということで人気を集めています。
2時間程度で効果が切れるために翌日まで効果が残りづらいということもメリットだと言えるでしょう。
次にデパスですが、これはエチゾラムという成分が有効成分となって催眠作用を引き起こすものです。
催眠作用の他にも抗不安作用や鎮静作用があるため、うつ病などを発症してしまった人に対しても処方されます。
ただデパスに関しては依存性が強いということも有名であり、長期間服用を継続した場合には依存症に発展してしまうこともあります。
そのため服用を中断する時のことも含めて考えておかなくてはならないというポイントもあります。
その他にも睡眠薬にはさまざまなものがありますが、特に有名なものとしてはこれら三種類が挙げられると考えて良いでしょう。

睡眠導入剤とは?睡眠薬との違いは?

不眠症に効果のある睡眠薬は別名「睡眠導入剤」とも呼ばれることがあります。
この2つに大きな違いはなく同じ種類とされています。
違いを分けるのであれば不眠症の症状が軽度で使われるのが睡眠薬で、睡眠が困難な場合は睡眠導入剤を使用されるのが多いとされています。
明確な違いはないので、同じ意味という結論になります。
睡眠導入剤は睡眠薬と同じく長短時間型、短時間型、中間型・長時間型などで分類され、作用効果が異なります。
また、睡眠導入剤は処方薬だけでなく市販や通販からでも入手することができます。
処方薬や市販から入手する場合は医師や薬剤師に相談できますが通販では自己責任になってしまうので注意が必要です。